ただいま建設中

和の家

透湿防水シート・軒天張り   

"和の家"の工事は順調に進んでおります!


バス板の上には、透湿防水シートが貼られています。

2014-2-4-1.jpg

2014-2-4-2.jpg


これは、モルタルラミテクトというモルタル下地専用の防水シートです。
見た目にはサイディングの防水シートによく似ていますが、この素材は特殊不織布+透湿フィルム+補強不織布の3層構造になっている素材です。

このシートは一般的によく目にする黒いシートのアスファルトフェルトよりも、約70倍の透湿性をもち、かつ防水・防風性にも優れた性能をもっています。透湿性にすぐれており、外壁に張られているバス板が濡れていても蒸れる事がありません。

完成してしまうと見えなくなってしまいますが、とても重要で大切な部分です!



2014-2-4-3.jpg


2014-2-4-4.jpg


杉板を塗装して張った軒天はうっとりするくらい最高の仕上がりです
shine

う~ん キレイ


次回はアイシネンの工事状況をアップ予定です!



(2014年2月 4日 17:07)

床断熱と軒天塗装

昨日の床断熱の補足ですが、断熱材の継ぎ目やカットしたところは
下の写真の様に充てんまたは気密テープが張られております。

2014-1-24-1.jpg

2014-1-24-2.jpg

これ、かなり大事なポイントです。
基本的に床下と床上の境に隙間があってはいけません。
もし隙間ができた場合は、写真のような施工が必要です。
見えないところですがとても重要なのポイントです。




一方外では塗装屋さんが軒天の塗装をしております。
今回の軒天は久々に杉板を張ります。手間は掛かりますがその分仕上がりは最高です。


2014-1-24-3.jpg

2014-1-24-4.jpg


こんな感じで現場は進んでおります。




(2014年1月24日 16:59)

床下地工事

只今、床下地を施工中



今回の"和の家"の床下は、立地の環境を考慮し床断熱工法で施工されております。


床断熱材を大引きの高さと合わせて敷き込み、この上に根太が並べられます。

2014-1-23-2.jpg

断熱材の継ぎ目や隙間には気密テープやウレタンスプレーなどでしっかりと充てんされます。


この後も引き続き床下地の作業が続けられます。



(2014年1月23日 16:55)

新しいお家づくり "和の家"

昨年末から、新しい現場"和の家"の工事が始まっております!

ネーミングの通り"和"がたくさん入ったあたたかいお家になることと思いますhappy01


昨年末に
基礎が終わり
上棟も終わり
現場は順調に進んでいる様子です。

建築面積35坪の大きい平屋です

2014-1-16-1.jpg

2014-1-16-2.jpg

2014-1-16-3.jpg



そして只今バス板を張っております。

2014-1-16-4.jpg




2014-1-16-5.jpg

北側は張り終えてありました

バス板が張られている部分はモルタル
下のバス板が張られてない部分は、板を張っていく鎧壁仕上げの予定です。



今までと違った感じの仕上がりになりそうで、とても楽しみですnote






(2014年1月16日 16:39)
< 1  2  3  4

お客様の声

VOICE1 どりー夢ハウス VOICE2 楽 家

お問い合せ・資料請求