ただいま建設中

mimoの家

No.35-外壁塗装(本吹き)・内装工事

イメージ

今回の外壁仕上げ塗料はエスケー化研(株)のベルアートを使用。これをトラバーチン仕上げにする。

トラバーチン仕上げとは、塗料を吹付けた後に木ゴテでおさえていく仕上げをいう。とても上品な仕上がりが期待できる。

イメージ

吹付け完了。

イメージ

内部では木工事も終了し内装工事に入っている。

今回の現場の内装仕上げは1階洗面と2階居室以外はほぼフジワラ化学(株)ボワール仕上げとなる。

まずその下準備としてファイバーテープをボードの継ぎ手などに張っていく。

イメージ

ファイバーテープ張りが終わると次はボワールパテをビス頭などに埋めていく。このボワールパテは普通のパテと違い、弾力性がありひびが入りにくくなっている。この作業が仕上がりを大きく左右する。

イメージ

施工業者
塗装工事:(有)矢野施工コンサルタント
施工管理・木工事:やすだホーム

(2007年1月22日 01:01)

No.34-外部塗装工事

イメージ

外部塗装工事も3日目に入った。今回基礎の部分も塗装をする。

一般的には左官のモルタル仕上げにするのだが、撥水性・耐久性の面を考慮し、塗装工事をする事にした。

イメージ

全体的にラフな感じにして、なんとも味のあるいい感じに仕上がった。

イメージ

基礎の塗装が終わると次は、外壁のシーラー吹き付け。これは、モルタルと仕上げ塗料の密着を良くするための下地塗料。

外壁の塗装工程
1.シーラー吹き付け(下地塗料)→2.下吹き→3.本吹き

イメージ

写真は2枚目の下吹き作業の様子。モルタルの下地が見えないようにまんべんなく吹付けられていく。これが終わると3枚目の本吹き作業に入る。

今回使用する塗料はベルアート。吹付け工法はトラバーチン。この詳しい説明はまた後日・・・

イメージ

いよいよ明日が本吹き。仕上りが楽しみだ!

施工業者
塗装工事:(有)矢野施工コンサルタント
施工管理・木工事:やすだホーム

(2007年1月18日 00:47)

No.33-木工事(寝室)・外部塗装(下準備)

イメージ

いよいよ外部仕上工事が始まった。まずは吹き付ける下準備として窓廻りにコーキングをしていく。

あらかじめモルタルを塗るときに窓廻りにはV目地(V溝)を付けていたので、そこにコーキングを入れていくようになっている。

イメージ

一般的にはモルタルの場合はコーキングをしないところが多いが、やすだホームでは必ずコーキングをする。防水テープも2重に施しているので、雨漏り対策にはかなりの自信を持っている。

2階の天井は小屋裏にアイシネン断熱材を吹き付けているため、ロックウールは使用していない。

イメージ

外では、もう1組がベランダの手スリを塗装している。材料は軒天と同じサドリンを使用。木材は去年のうちに防虫防腐剤を注入して1ヶ月以上乾燥させている。

イメージ

内部ではボード張りの作業もほぼ終了し、造り付けベッドやキッチンを残すのみとなってきた。写真は2階寝室のベッド。床より43センチほど上がり畳敷きのベッド。下部には引き出しを2段付ける。

イメージ

寝室の西側にはご主人の書斎スペースがある。畳部分に腰掛て足を下に降ろして座れるようになってる。

足の部分は掘りごたつみたいに床が下がっている感じです。ベットの43センチという高さはここを基準にできている。

施工業者
塗装工事:(有)矢野施工コンサルタント
施工管理・木工事:やすだホーム

(2007年1月14日 00:44)

No.32-木工事(天井下地・天井ボード張り)

イメージ

壁ボード張りも終わり次は天井下地・天井ボード張り工事となった。

写真は1階の天井下地状況。ロックウールは2階の防音対策とし100mmを使用した。

イメージ

2階の天井下地状況。

2階の天井は小屋裏にアイシネン断熱材を吹き付けているため、ロックウールは使用していない。

イメージ

天井下地を作る前に金物を増締めしていく。床張り時にも増締めしているので計2回の増締めとなる。

イメージ

天井下地が終わるとボード張り作業となる。継ぎ手が同じところにこないように、1列1列ずらしてボードを張っていく。

この作業が明日も続く。

施工業者
施工管理・木工事:やすだホーム

(2007年1月 9日 00:37)

No.31-木工事(壁ボード張り)

イメージ

新たな年を迎え木工事も本格的に追い込みの時期に入ってきた。

今年最初の作業は壁ボード張り。今回の現場は壁の面積が多いため、2日間手伝いを依頼した。

イメージ

このボード張りは、意外と安易に考えられている。しかし、この作業をどれだけ丁寧にするかによって仕上がりに大きな違いがでてくる。特に今回のような仕上げ(ボワール)の場合には、クロスなどと違い塗材を吹き付ける工法なので、細心の注意が必要になってくる。

ビスの間隔は15センチピッチで止めていき、ボードが割れたりしないようにキレイに張っていく

イメージ

2日間で1-2Fの壁ボード張りはほぼ終了。

施工業者
施工管理・木工事:やすだホーム

(2007年1月 5日 00:32)
< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

お客様の声

VOICE1 どりー夢ハウス VOICE2 楽 家

お問い合せ・資料請求