ただいま建設中

mimoの家

No.20-アイシネン断熱工事(壁・屋根)

イメージ イメージ

本日は2回目のアイシネン断熱工事である。前回は基礎断熱まで終了していたので今回は壁・屋根の断熱工事となる。

まずは、2Fの屋根・壁の施工から始まる。最初に窓や床や材料等が汚れないように十分に養生し、アイシネンが吹き付けられた。
吹き付けの厚さは一応50mmとなっているが、平均すると75mm程度となる。もし柱より出た場合はカッターで簡単に切ることができる。
後で切り口を触ってみたのだが、驚くほどやわらかい感触である。

2階の断熱工事終了。

明日は1Fの断熱工事。

イメージ

施工業者
断熱工事:(有)生環システム
施工管理・木工事:やすだホーム

(2006年11月13日 02:28)

No.19-外壁防水シート張り・内部1階床下地工事

イメージ

バス板張りも完了し、今日は外壁の防水シート張り工事。一般的によく目にするのはアスファルトフェルトという黒いシートだが、透湿性がほとんどなく結露やカビの原因とされてきた。

そこで今回使用したのがセーレン(株)のモルタルラミテクト。この素材はアスファルトフェルトの約70倍の透湿性をもち、かつ防水・防風性にも優れた性能をもっている。

イメージ

見た目にはサイディングの防水シートによく似ているが、この素材は、特殊不織布+透湿フィルム+補強不織布の3層構造になっている新しい素材である。

イメージ

一方内部では1階根太取り付け作業が行われた。一般的には今頃行われる作業ではないのだが、今回は出来るだけ建前から根太工事までの期間をあけた。そうすることによって、基礎や土台がより乾燥し、なおかつ屋根や外壁などの荷重も土台にかかる事によって更になじんでくる。そこでもう一度基礎と土台をつないでいるアンカーボルトを増し締めしてから、根太を取り付けていく。

イメージ

根太取り付け後上に針葉樹合板を敷いていく。

工期がかかるやりかたではあるが、建物にとっては理想的なやりかたである。

施工業者
左官工事:(有)松村工業
施工管理・木工事:やすだホーム

(2006年11月10日 02:16)

No.18-外部工事

イメージ

バス板張り 2日目。

バス板・・・モルタルの下地となる材料(長さ2m厚み1.2cm巾9cm)で縦胴縁の上に横に張っていく。一般的には少し隙間をあけて張るのだが、次の工程のフェルトを張るときに隙間があると、その部分が破れてしまったりする恐れがあるため、やすだホームでは隙間をあけないでバス板を張っている。

イメージ

バス板張りも後は南面を残すのみとなった。

イメージ

午前中にサッシ枠の搬入。
[新日軽サッシ]
仕様・・・オールペアガラス
[断熱サッシ]
色・・・CBブラウン

明日はバス板張りの続きとサッシ取付け。

施工業者
サッシ搬入:熊本日軽建材(株)
施工管理・木工事:やすだホーム

(2006年11月 6日 02:07)

No.17-アイシネン断熱工事

イメージ

今日はいよいよmimoの家のメインともいえるアイシネン断熱工事の日である。

今回の工事のアイシネン断熱工事は、基礎断熱と壁・屋根断熱の2回に分けて施工される。今日はその1回目の基礎断熱工事が行われた。外回りの基礎の部分(立ち上りコンクリート・土間のコンクリート)にアイシネンを吹き付けていく。

隙間なくキレイに吹き付け。

イメージ

洗面所・浴室は配管があるため、特に念入りに吹き付けてもらった。

イメージ

一方外では、縦胴縁打ちの作業を進めていった。こちらは、本日でほぼ終了。

縦胴縁・・・今回の建物は外の壁と中の壁との間に空間をつくるので、そのために使う材料(長さ4m 巾6cm 厚み1.5cm)。外回りに張ってある透湿防水シート(白い紙)の上に縦に取り付けていく。

イメージ

明日の作業予定は、土台水切を取り付けバス板張り作業。

施工業者
断熱工事:(有)生環システム
施工管理・木工事:やすだホーム

(2006年11月 2日 01:29)

No.16-外部工事・ベランダ防水工事

イメージ

JIOの構造体検査が無事に終了合格し、外部の工事へと進んでいく。

今日は透湿防水シートを外周に張っていく作業。これはアイシネンを吹き付けるための下地となるので、たるまないようにしっかりと張り付けていかなければならない。

イメージ

透湿防水シート張りほぼ終了。

明日の外部工事は建て胴縁取り付け作業予定。

イメージ

外部工事に並行して、ベランダ防水工事もおこなわれた。
ベランダ防水の仕様はFRP防水♯380二層張り。

写真はガラス繊維を二層に張り(白い部分)その後、ポリエステル樹脂(透明部分)をローラーで塗っている様子。

イメージ

作業終了後は透明になってツルツルした感じになる。

FRP防水・・・FRPは複合材料の一つで、ガラス繊維にポリエステル樹脂を含ませ、強化したものです。このFRPを使った防水工法のことをいう。

明日のベランダ防水工事は、トップコート仕上げをする。

施工業者:西日本防水工業

(2006年10月31日 01:27)
< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

お客様の声

VOICE1 どりー夢ハウス VOICE2 楽 家

お問い合せ・資料請求