ただいま建設中

北部のお家

仕事納め

本日仕事納めの「北部のお家」から、今年最後の工事リポートです。

今回のお家は二世帯住宅なので、一階のお部屋と二階のお部屋は雰囲気がだいぶ違います。
お父様ご夫婦と息子さんご夫婦のそれぞれの想いを形にできるように、完成に向けてラストスパートです!

と言ったものの、、、
完成まではまだもうしばらくかかりそうです(^◇^;)


今日は、巾木取付の工事リポートです。

巾木とは、壁の最下部に取り付けられた細長い板です。
我が家の壁でいうと、この部分です。

H30-12-28-1.jpg


この巾木もやすだホームでは既製品を使わず手作りしています。

どのお家にも存在する巾木ですが、あまり存在感がないように感じられる部分かと思います。
ですがこの巾木さんは、実は壁を守るという大切な役割を果たしております。

壁の最下位部分は、意外に汚れたり破損しやすい部分なんです。掃除機がガンガン当たったり、お子さんの足が当たったり、雑巾掛けした時には雑巾が当たったり・・・

そういった事から壁を守っているのが巾木さんです!

そしてこれまた意外なんですが、巾木のデザインでお部屋の感じも変わってきます。

床の杉板と同じ杉で作られた巾木を使うことによって、お部屋をスッキリと見せてくれます。

加工した巾木にリボスの油を塗ります。
そして現場で寸法に合わせてカットして張っていきます。

H30-12-28-2.jpg

H30-12-28-3.jpg


柾目のとても綺麗な巾木でした。

H30-12-28-4.jpg

2階と階段の巾木取付が終わり、やす大工は一階へ移動ε=┏(・ω・)┛

そして今度はお父様のご要望である一階部分の腰板張りです。

H30-12-28-5.jpg

しばらく腰板張り続きます。。。 




今年は、これで工事リポートは終了となります。




今年一年、やすだホームをご愛顧頂きありがとうございました。
また新しい年も、手作りにこだわりながらお客様の大切なお家を一つ一つ丁寧に造っていきたいと思っております。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

皆様の新しい年が、実り多き年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい.゚+.(´∀`*).+゚.





(2018年12月28日 14:50)

足場取れました!

「北部のお家」の外部の工事も順調に進み、いよいよ足場も外されました!

今回外壁は左官屋さんによるスイス漆喰仕上げです。
汚れから壁を守る為にその上には撥水コートが施されています。


H30-12-22-1.jpg

H30-12-22-2.jpg



青空に映える真っ白の壁です。

足場が取れると、いよいよラストスパートだー!!!
という気持ちになってきます。
内部はまだもう少しかかりますが、引き続き更に気合を入れて頑張ります٩(^‿^)۶

(2018年12月22日 14:46)

天井仕上がりました!

2018年も残すところ後わずかとなって参りました。
何かしら慌ただし年末を迎えております。

「北部のお家」の工事終了の方は、まだもうちょっと先ですが、完成に近づいてきてるな!と感じるくらいは進んできてます(^^;)


2階のリビング天井は杉板仕上げなので、今週はいよいよ杉板張り作業をしました。

H30-12-21-1.jpg


床板張りの要領で、、、と言いたいところですが、天井になるとなかなか体力に気合が必要となります。


ほぼ寸法通りに板材は準備していますが、微調整は必要になります。 

H30-12-21-2.jpg


寸法を確認して→カットして→張って→整えて
を根気強く繰り返していきます。

H30-12-21-3.jpg


板材には、節があるものや白っぽいものや赤みがあるものなど、表情は様々です。



今回天井にはスッキリ仕上げる為に節なしを選び、赤みの板もバランス良く加えながら張っていきましたので、木の温もりを感じられる優しい仕上がりになりました♪

H30-12-21-4.jpg

H30-12-21-5.jpg



やっぱり"木"って癒されるなー(о´∀`о)

1つ1つが完成していった時に、木が与えてくれるちょっとした癒しや喜びを感じながら、やす大工は次の工程に進んでいきますp(^_^)q






(2018年12月21日 14:19)

天井下地組み

本日は天井下地を組んでいる「北部のお家」から工事リポートです。

まずは下地工事に入る前に、天井が完成してしまってはなかなか触ることのできない構造金物の増し締めをしていきます。時間の経過と共にどうしても金物は少しずつゆるんでいくので、更に締め込んでいきます。

H30-12-7-1.jpg




そして、天井下地になる野縁を取り付けます。

H30-12-7-2.jpg

H30-12-7-3.jpg




野縁取り付けが終わったら、ロックウール断熱材を敷き詰めていきます。

H30-12-7-4.jpg




やすだホームでは、省令準耐火のお家を標準仕様としております。

省令準耐火のお家にする為には、色々な基準をクリアしなければいけません。

その一つとして、「上階に床がある部分の天井」は
1.下地材裏面はロックウール50ミリ以上
2.下地材料は強化石膏ボード12ミリ以上

というような感じで施工方法が指定されています。
この施工方法にはいくつか選択肢が与えられていて、上記はやすだホームが執っている施工方法となります。



ロックウールが入ったので、次は基準2の通りに強化石膏ボードを張っていきます。


60坪のお家だけに・・・
天井もひろ~いです(^^;

気合いを入れてやす大工頑張りまーす!!




(2018年12月 7日 12:44)

建具枠

み切った青空。
もうすぐ12月とは思えない暖かい陽が射す「北部のお家」は今日もやす大工が黙々と工事を進めております。

H30-11-24-1.jpg


1階のボード張りも7割方張り終え、随分お部屋らしくなってきております。

H30-11-24-2.jpg

本日のやす大工は、和室の押し入れ部分の建具枠の下地取付作業中です。

H30-11-24-3.jpg

H30-11-24-4.jpg






長さ9センチの釘を打ち込むので、パワーもいるのかな?

H30-11-24-5.jpg

ちょっと"やや丁稚"もやってみました。

H30-11-24-6.jpg


きつっ(^_^;
1本打つのにやす大工の倍の時間はかかりました。





下地取付が終わったら、この部分に建具枠が取付られます。

取付の前に、建具枠の加工です。


厚さ3センチの材料があります。

H30-11-24-7.jpg

それを溝掘りで溝を掘っていきます。


ゆっくり、ゆっくり曲がらないように真っ直ぐ進んでいきます。

H30-11-24-8.jpg

H30-11-24-9.jpg

1本目完成!

それを更に2回繰り返して3本の溝完成!
これは、枠の下部分の敷居になります。

H30-11-24-10.jpg



そしてこれが、枠の上部になる鴨居です。
H30-11-24-11.jpg


敷居と鴨居では、溝の形状が違いますね。
という感じで、しばらく加工続きます٩( •̀ω•́ )ﻭ





(2018年11月24日 12:33)
1  2  3  4

お客様の声

VOICE1 どりー夢ハウス VOICE2 楽 家

お問い合せ・資料請求