ただいま建設中

ガレージのあるお家

お引渡し終わりました

「ガレージのあるお家」は写真撮影を終えて

01-07-23-1.jpg




先日無事にお引き渡しを終える事が出来ました。
ご家族皆さんにお家の取り扱い説明です。

01-07-23-2.jpg

大変喜んでいただいた笑顔笑顔のお引き渡しとなりました。

今回のお家は「長く住み続けられる住宅」として建てられた長期優良住宅認定のお家です。
このお家と共にご家族が末永くお幸せにお過ごしになられる事を祈りつつ「ガレージのあるお家」の工事を終了させていただきます。

ありがとうございました。


また、完成写真はフォトギャラリーにアップしますので、そちらもご覧下さい。


↓↓


(2019年7月23日 17:04)

養生剥がし終了

ガレージの塗装を終え外部工事は全て終了しました。

01-07-15-1.jpg


01-07-15-2.jpg



内部は階段手摺製作です。 

まずは二階部分

01-07-15-3.jpg


01-07-15-4.jpg

01-07-15-5.jpg




そして次に一階部分。

01-07-15-6.jpg

01-07-15-7.jpg



全てのお部屋の養生剥がしも終わり
01-07-15-8.jpg


明後日は写真撮影です!!

お引き渡しまで後1週間です♪





(2019年7月15日 16:30)

クロス工事

工事リポート溜まってます第三弾です!


システムキッチンの取付完了!

01-6-28-1.jpg

01-6-28-2.jpg



そして次は内部のクロス工事となりますので、その前にまたまた養生です。

クロス工事の際脚立は必須アイテムになります。
工事の時に脚立などが当たりその時大切な巾木に傷が入らないようにする為に角部分の養生をしていきます。
やすだホームでは巾木も杉材を作業場で加工したものを使用してます。
杉材は柔らかいため傷が付きやすいのでそこはしっかり養生!!

01-6-28-3.jpg


養生板を使ってちょこっと工作
01-6-28-4.jpg


全ての角っこに取り付けていきます。

01-6-28-5.jpg



そしてクロス工事です。
ボードの継手やビスの頭をパテ処理して

01-6-28-6.jpg

01-6-28-7.jpg


クロス工事終了です。

01-6-28-8.jpg








いよいよ養生剥がしです!






(2019年7月 4日 15:41)

ボード張り

工事リポート溜まってます第二弾です(^^;

階段製作の後、ボード張りを進めておりました。


一枚20キロあるボードを張っていくので、見た目以上に体力を使っているやす大工です(^^;

01-6-27-1.jpg




省令準耐火仕様でボードビスのピッチは15センチとなっております。
そこでやす大工考案のピッチ棒の登場です!!
01-6-27-2.jpg


このピッチ棒をボードに軽く押し当てたら少し形が付きます。
01-6-27-3.jpg



後はビスをこの印通りに打っていけば15センチピッチの釘打ちの完了です!
01-6-27-4.jpg


ちょっと手間はかかりますが、何より正確に仕上がり見た目も奇麗です♪



壁面のボード張りが終わったら次は天井ボード張りです。

ボード張りの前にまず天井下地を組んで
01-6-27-5.jpg



1階天井部分には防音対策と省令準耐火仕様により77mmのロックウールの断熱材を敷き詰め
01-6-27-6.jpg



そしてボードを張っていきます。
01-6-27-7.jpg




天井ボードを張り終えたら、次はキッチンパネル取付です。
01-6-27-8.jpg


01-6-27-9.jpg


ここまで終えたらやす大工による木工事はいよいよ終盤です。
ラストスパート頑張ります٩( •̀ω•́ )ﻭ



(2019年6月26日 12:53)

外壁塗装工事

やす大工です。
随分のご無沙汰になります。

5月、6月は、プランと見積作成、そして現場に追われていたのでブログが疎かになっておりました。
どうもすみません。


しかし、現場は順調に進んでおりますよ~。
お蔭様で木工事は粗方完了しました。
外部も吹き付けを完了し足場解体を待つのみとなっております。

なので、今日は外部吹き付け状況をお伝えします。
外壁のモルタル上塗り完了後、十分な乾燥期間を設け、吹き付け工事をおこなっております。



まずはシーラーを十分に吹き付け、ベルアートの下吹きとなります。
下吹きとは、塗材に骨材を入れず色付けをしていく作業です。


今回は、お客様のご要望で真っ黒の仕上がりとなります。
これが下吹き。
01-6-26-2.jpg




そして、塗材と骨材を混ぜ本吹きとなります。
仕上げは、吹き付け後に鏝で押えるトラバーチン仕上げです。

01-6-26-3.jpg


このように鏝で押えていきます。
手間が掛かる作業です。
01-6-26-4.jpg


仕上がりの表情はこのようになります。
下吹きとは違い、骨材の凹凸ができ高級感が出てきます。
01-6-26-5.jpg


このあとは、撥水効果のある塗材を再度吹き付けます。

その模様は後日報告します。
外壁工事でした。


(2019年6月26日 12:35)
1  2  3  4  5

お客様の声

VOICE1 どりー夢ハウス VOICE2 楽 家

お問い合せ・資料請求