ただいま建設中

ガレージのあるお家

ガレージのあるお家

やす大工です。

"ガレージのあるお家"からです。
1週間現場を空けている間に屋根が出来ておりました。

01-3-29-1.jpg

01-3-29-2.jpg

01-3-29-3.jpg


01-3-29-4.jpg

こんな感じになっております。
今回のお家の屋根はガルバリウム鋼板になります。
この屋根の最大のメリットは、屋根荷重が軽い事がです。
そのため構造体への負担が軽減できるので、梁などの断面寸法が若干小さく出来ます。
ちなみにこのお家は、耐震等級3の認定を受けております。
また、勾配が緩くできる事もメリットの一つです。


内部は2階根太の施工をしております。

01-3-29-5.jpg

根太を取り付けた後に、間柱と間柱の間に受け材をはめ込みます。
これは、省令準耐火基準をクリアーする為の大事なポイントとなります。

01-3-29-6.jpg

01-3-29-7.jpg


こんな感じで進んでおります。



(2019年4月 1日 18:44)

こだわり

やす大工です。

先日、新たなお家を上棟しました! 

その名も・・・

"ガレージのあるお家"・・・

ひねりなし!

その名の通り、今回のお家はガレージがあるお家で
やすだホームでは珍しい庇がないキューブハウスぽいお家になります。

上棟翌日、1階屋根の施工になります。

01-3-17-1.jpg

壁際の垂木には穴を開けます。
この穴は、屋根から壁への通気を促す役割りがあります。
ここはポイントです。
一般的に1階屋根から2階壁への通気は疎かにされがちです。
しかし、壁内環境を健全にする為には通気を疎かにしては絶対にダメです!

01-3-17-2.jpg


01-3-17-3.jpg


01-3-17-4.jpg


01-3-17-5.jpg

また、キューブハウスなどの庇がないお家は、雨漏りに細心の注意を払わなければいけません。
先張りシートなど施し、雨水の進入をシャットアウトします。

01-3-17-6.jpg


01-3-17-7.jpg

この後、屋根工事に入っていきます。

今週のやす大工は"ガレージのあるお家を"1週間ほど離れ、"北部のお家"のデッキ作りに行ってきます。


頑張ります。



(2019年3月17日 18:34)

祝!ご上棟

本日は、新しいお家のご上棟の日です。

前日の夜中の雨と雷で、やや不安な気持ちで朝を迎えましたが、天気予報はバッチリ晴れマーク
(2019年3月13日 18:23)

下ごしらえ~新築工事編~

やす大工です。

ここのところ、プチリフォームや家具製作で忙しくさせて頂いております。
ありがたい事です。

さて、今日は下ごしらえについてお話します。
下ごしらえとは?

・・・事前準備の事です。

お料理で例えるなら、食材を切ったり、加工したりする事になります。
とても大事な作業ですよね!

建築もこの作業がとても重要で、いかに先を読み、出来る限り現場の作業を
スムーズにするかが勝負になります。
今回の下ごしらえは、上棟に向けての準備です。
近日上棟なのですが、当日は大工さんを7人呼んでいるので失敗は許されません。

まずは屋根材から・・・。
屋根垂木や破風や梁などの長さをカットし、必要な本数を場所ごとに準備しておきます。



R3-8-1.JPG

R3-8-2.JPG

R3-8-3.JPG

R3-8-4.JPG





次に2階根太を加工します。
まずは根太の厚みをそろえていきます。
工場で加工している材料とは言え、完璧に厚みがそろっているわけではありません。
その為、作業場で全部の根太を加工します。
そして部屋別にカットし分けておきます。

R3-8-5.jpg

R3-8-6.jpg



次は筋交の加工です。
長さや形状は場所ごとに違うので間違えないよう慎重に加工していきます。

R3-8-7.jpg

R3-8-8.jpg


R3-8-9.jpg


やす大工は、できる限り手加工にこだわりたいと思ってます。
全て作業をシステム化に依存する事は、技術・知識・経験の衰退に繋がるからです。
ベストは、手作業とシステム化の融合なのですが・・・。

やす大工は身の丈にあったスタンスで頑張ります。




(2019年3月 8日 16:39)

新しいお家の土台敷

新しいお家の工事がスタートしてます。

昨年に地鎮祭が執り行われ、2月に基礎工事が完成しておりました。

R3-4-1.JPG

R3-4-2.JPG

R3-4-3.JPG






本日は、基礎の上に土台や大引を設置していく土台敷きです。


基礎の上には、予め土台が座るラインを引いていたので(墨出し)その墨に合わせて土台を設置していきます。

R3-4-4.jpg





土台を設置し終えたら、次は大引をのせ最後に大引を支える鋼製束を設置して土台敷きの完成です。

R3-4-5.jpg

R3-4-6.jpg



明日は上棟の時に使用する、屋根材と梁の加工です。
明日まで天気が持ちますように(^人^)




(2019年3月 4日 16:12)
1

お客様の声

VOICE1 どりー夢ハウス VOICE2 楽 家

お問い合せ・資料請求